検索フォーム
プロフィール

しんゆう

Author:しんゆう
日本家紋研究会&家紋デザイン研究所に所属しています。
中学時代から家紋を愛しています。
京都に行くこと、小説家になることが夢です。

訪問者数
最新トラックバック
メールフォーム

家紋についてのご質問、オリジナル家紋・イラスト制作についてのご相談など、ご髄に。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

基本的にリンクフリーですが、できればひとことお声をかけてくださいね。 それと、過去の私のブログの内容には、思想的なことも含まれています。ですがそれは執筆当時の考えであって、今にも通ずるというものではありません。不快に思われても、どうか取り合わないでください。


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月06日(日)

誕生花は目の前に

 すっかり桜の咲く季節になりました。
 近所でも春らしい色が増えています。

2014.4.1 003

2014.4.1 004
 
2014.4.1 005

 自分は今月に生まれたのですが、以前に誕生花を調べてみたら『桜』でした。
 春を象徴する花が咲く季節に生まれたことは、とても誇らしいことです。

 今の団地に越してきたばかりの頃も、団地の桜が満開でした。
 団地に住んで得することは、やはり桜が近いことです。どこの棟にも必ず桜があります。我が家の場合、窓の外がもう桜です。ベランダに出ればより近くなって、風が吹いて散る様は圧巻です。

 桜の家紋もあることをご存知でしょうか。

A-351.png

 家紋の種類は豊富ですから、あって当然と言えばそうなのかもしれません。
 しかし桜紋は、バリエーションこそ多いものの、実際に使用している家は多くないのです。
 桜は優美ですが、すぐに散る姿が短命を連想させ、武士はそれを嫌ったのです。武士は御家を大事にしますから。
 ですが、風流のわかる人には好まれました。ですから桜紋を家紋としている家もあります。

 桜は古く、万葉集の題材にもされましたが、多くは恋愛に関する事柄を詠んだものが多いようです。
 桜が散る様子を、実らぬ恋になぞらえている……などという詩人めいた考えがよぎります。
 今月、皇居にて非公開だった桜の名所が一般公開され、多くの人が見物しているそうです。
 今も昔も、桜は日本人の愛する花のようです。

<オマケ>

 先月後半から描き始めて、今日完成した作品です。
 十九歳になってから初めての作品です。今年も、できるだけ多くの作品を作れたらなと思います。

大きな桜の町
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

遅くなりましたが、卒業おめでとう!
桜紋、良いですね。私の地方は、花はもう散ってしまいましたが、葉桜も楽しみです。
ところでしんゆう君に聞きたいのですが、大河ドラマで豊臣家の家紋が五三の桐になってますが、私の記憶では五七の桐だった様な?最初は五三だったんですかね。今度の大河は、前も間違っていた様なので、しんゆう君に質問しています。よかったら解説して下さい。私の地域も大河の舞台という事で役所は盛り上がっています。ロケもないので実感はありませんが…。

 

あこさん

ありがとうございます! 今はしがないフリーターです(;^^)
豊臣家の桐紋は、そもそも秀吉が天下人となり天皇家から貰ったものなのです。豊臣という姓もその時に賜ったのです。仰っしゃるとおり、五三桐ではなく五七桐が正しいです。桐紋は、花の数が多いほど高貴とされ、秀吉は「十一七桐」という桐紋まで持っていました。また秀吉は、賜った桐紋を自己流にアレンジして「太閤桐」という家紋を作りました。よほど桐紋を愛していたのでしょう。
ちなみに、秀吉は桐紋を持つ前までは「沢瀉」(おもだか)という家紋を使用していました。これは水田などに自生する草をモチーフにしたもので、一説には秀吉の妻(ねね・高台院)の実家の紋だと言われています。秀吉は低い身分の出だったので、苗字はあっても家紋はなかったのでしょう。

 

No Title

流石、しんゆう君!

想像以上の解説ありがとうございました。
わからない事があったら、ブログの内容に関係なく、また質問させて下さいね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。