検索フォーム
プロフィール

しんゆう

Author:しんゆう
日本家紋研究会&家紋デザイン研究所に所属しています。
中学時代から家紋を愛しています。
京都に行くこと、小説家になることが夢です。

訪問者数
最新トラックバック
メールフォーム

家紋についてのご質問、オリジナル家紋・イラスト制作についてのご相談など、ご髄に。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

基本的にリンクフリーですが、できればひとことお声をかけてくださいね。 それと、過去の私のブログの内容には、思想的なことも含まれています。ですがそれは執筆当時の考えであって、今にも通ずるというものではありません。不快に思われても、どうか取り合わないでください。


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月08日(土)

家紋は名札と同じ。

 高校の卒業祝いに、家紋グッズを取り扱っているアロケイトさんから、こんな素晴らしいものをいただきました。
家紋時計
 家紋時計です。
 黒地に金は、美を表現するのに最適な色だと私は思います。
 皿に盛られた団子も、なんだか徳川家の葵のように厳かな風情を感じさせています。もちろん、これは団子ではなく星ですが。
 
 もうひとつ、こんなものもいただきました。
家紋ペン
 ボールペンに私の家紋と名前が彫られています。これなら一々、本を開かないでも自分の家紋を説明できますね。
 これを見て思ったのですが、たとえば小学校とかで、筆記用具に自分の名前シールとか貼りますけど、そこに自分の家紋も加えたら、家紋の普及が一気に進むような気が……。
 でも、学校教育の場でそれは変かな。それに最近は外国人の方も増えてるし、家紋がない差別みたいなことに発展したら……。
 まあ、あくまで私の勝手な想像です。
 でも、家紋が名札と同じ意味を持つことは事実です。
 江戸時代の話ですが、江戸城に御城勤めのお方の行列が来ます。それを門番が確認すると、門番はその行列の紋をまず確認します。駕籠やらに描いてあります。それを確認すれば、どこどこの誰か、武鑑(ぶかん)という紳士録で確認すればすぐにわかるのです。
「何々様、御登城!」
 という形で、行列は門をくぐるわけです。いわばパスポートですね。
 そういえば、現代のパスポートには菊花紋があしらわれています。言うまでもなく、あれは皇室のご定紋(ただし、正確にはパスポートは八重表菊、皇室のは十六八重表菊ですが)。皇室の紋は、初め月と太陽を模した日月紋(じつげつ。にちげつではない)だったとされています。明治、日本の国旗として日の丸が制定されましたが、なんとなく関連があるように感じられます(詳しくは調べていないので、直接に関係があるかはわかりません。ですが、日の丸は古来より好まれた図で、日本人にとって愛着のあるものであったことは確かです)。
 
 英語やダンスを必修化するのもいいですけど、それよりまず、自国のことをよく知ることも、私は教育として必要なことだと思います。自分の国のことを理解していないと、たとえ世界で活躍していこうとしても、外国の人から「あなたの国はどんな文化がありますか」と聞かれて、長年培われてきた文化より先に、近現代発展した、歴史の浅い文化(その質がいいかどうかは別にして)ばかりを紹介することが、ちょっと正しいのかどうか疑問です。我が国には、家紋以外にも誇れる文化が山ほどあります。そういうことをちゃんと発信することは、今後そういった文化を残すことにもつながる気がします。
 
 ……つい、お堅い話になってしまいました(^^;
 
 
 ステキなステキな家紋商品に出会えるアロケイトさんのホームページはこちら
 家紋木札は、家紋を身近に持ちたい方には絶対にオススメです。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

こんばんは

こんばんは。ご紹介いただきどうもありがとうございます。
気に入っていただけたようで良かったです。
黒地に金色の家紋は映えますよねー。
一段とカッコ良く見えます。
なるほど、ボールペンに家紋があれば
人に説明する時に便利ですね。
「丸に渡辺星」で通じる人って、現代では少ないですもんね。
家紋を口頭で説明するのって至難の業ですからねー。
自分の家紋を知らない人が年々増えているようですが
子供や孫の代に自分の家の家紋を継承するのに
こういった日常的なグッズに家紋を入れるのは
効果的なんじゃないかなと思います。
家にこんな時計があれば嫌でも自分の家紋が目に焼き付きますもんね。
なるほど、名札と同じ意味ですか。
たしかにそうかもしれませんね。
自分は名刺に自分の家紋を入れる人がもっと増えても
いいんじゃないかーとよく思いますね。
それではまた寄らせてもらいます。
おやすみなさい。

 

Re: こんばんは

木札屋アロケイトさん>こんばんは。この度はステキなプレゼントをありがとうございます。今では生活の一部として、どちらも使っております。
名前シールに家紋も付け足したら、家紋の普及につながるし、オシャレだし、いいとは思うのですが、学校側は「それはちょっと…」と首をひねるでしょうね(;^^)
ただ、自国の、それも我々に身近な文化なんですから、学校でも広めていいような気もします。
私は自分の家紋を説明する際、自虐的に「皿にのった団子のようでしょう。でもこれは星と一文字なんです」とわかりやすく言ってあげます(まず、この丸を星だと認知はされないですから)。
ちなみに自分の名刺には、堂々とその団子をプリントしています(笑)
またぜひ見に来ていらしてくださいね。 



> こんばんは。ご紹介いただきどうもありがとうございます。
> 気に入っていただけたようで良かったです。
> 黒地に金色の家紋は映えますよねー。
> 一段とカッコ良く見えます。
> なるほど、ボールペンに家紋があれば
> 人に説明する時に便利ですね。
> 「丸に渡辺星」で通じる人って、現代では少ないですもんね。
> 家紋を口頭で説明するのって至難の業ですからねー。
> 自分の家紋を知らない人が年々増えているようですが
> 子供や孫の代に自分の家の家紋を継承するのに
> こういった日常的なグッズに家紋を入れるのは
> 効果的なんじゃないかなと思います。
> 家にこんな時計があれば嫌でも自分の家紋が目に焼き付きますもんね。
> なるほど、名札と同じ意味ですか。
> たしかにそうかもしれませんね。
> 自分は名刺に自分の家紋を入れる人がもっと増えても
> いいんじゃないかーとよく思いますね。
> それではまた寄らせてもらいます。
> おやすみなさい。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。