検索フォーム
プロフィール

しんゆう

Author:しんゆう
日本家紋研究会&家紋デザイン研究所に所属しています。
中学時代から家紋を愛しています。
京都に行くこと、小説家になることが夢です。

訪問者数
最新トラックバック
メールフォーム

家紋についてのご質問、オリジナル家紋・イラスト制作についてのご相談など、ご髄に。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

基本的にリンクフリーですが、できればひとことお声をかけてくださいね。 それと、過去の私のブログの内容には、思想的なことも含まれています。ですがそれは執筆当時の考えであって、今にも通ずるというものではありません。不快に思われても、どうか取り合わないでください。


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月11日(日)

勲七等青色桐葉章

 先日、海老名駅前の商業施設ビナウォークで、手作りマーケットという催しがあったので行ってみたところ、素晴らしいものを買うことができました。
2014.5.10 001
 勲七等青色桐葉章(くんななとうせいしょくとうようしょう)という、日本の勲章です。
 これを売っていたお店は、とかく古書や刀の鍔、槍などの古物を扱っていて、その時点で手作りとは程遠いような気がするのはさておいても、古物好きな私には、並ぶものがどれも素敵に見えました。中でも、この勲章は私の目を奪いました。言わずもがな、この桐紋を象ったカタチにです。
 日本の勲章には様々な種類がありますが、その中でこれは『旭日章』という勲章のひとつで、主に国家や公共のために尽くした人に授与されるそうです。旭日章は日本初の勲章で、当初は勲一等から八等まで区分されていました。つまり、この桐の勲章は下から二番目の勲七等に値します。ただし、2003年の栄典制度改正に伴い、七等と八等は廃止されてしまいました。つまり、二度とこの勲章は発行されません。
 桐紋は皇室の副紋として、古くから高貴な紋とされてきました。戦国の世では織田信長や太閤秀吉が愛用し、現代では政府官庁の紋章としても使用されています。首相が会見する際に使われる台には、五七桐が施されているのを見かけます。また、全国的に見ても使用家の多い家紋で、私も市内の墓地を廻っていると、必ずと言っていいほど見かけます。ただ、桐紋は花が多い方が高貴とされているので、日本人の遠慮がちな一面が出ているのか、見かけるのは五三桐が多いです。あるいは、皇室とまったく同じ五七桐は恐れ多いという、これも遠慮な気持ちが働いたのでしょうか。
 なお、この旭日章ではどの勲等でも、この勲章のように桐紋があしらわれています。ただし、勲五等から五七桐に変わるそうなので、いつか実物を見てみたいものです。
 それにしても、いい買い物をしたと思います。いつかこれを付けて、フェイスブック用の写真を撮ってみようかな。
sub_image1323856843407261.jpg
   『五三桐』
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

こんばんは

こんばんは。ご無沙汰しております。
へー、こんなスゴイものがフリーマーケットで売られているもんなんですね。
この色からして、七宝焼きっていうやつでしょうか。
鮮やかな色使いですが、やはり上品な感じがしますね。

先日、ウチの商品見本用の試作品をしんゆう君の名前と家紋入りで作ったので
写真を撮り終えたら、また近いうちにお送りしますね。
ではまた。

 

Re: こんばんは

フリマというよりは、ガラクタ市に近いかもしれませんね。ただ値引きもしてくれるので、フリマ要素も高い気がしました(この勲章も少し安くしてもらいました)。
調べたところ、この色合いは七宝焼で間違いないそうです。劣化による変色もなく、本当にいい買い物をしました(^^)
葉は緑で花は紫と、実物の桐と同じ色の組み合わせが好きです。

試作品、楽しみにしています。届きましたら、もちろんこちらで記事にさせていただきますね♪

 

Re: こんばんは

こんばんは。
品物は昨日発送しておいたので明日ぐらいには届くかと思います。
今回は黒檀の木札になります。
硬くて重い木で真っ黒ですが使い込むと艶が出てきて
いい感じになるかと思います。
それではお楽しみに~。
おやすみなさい。

 

ありがとうございます

本日、木札が届きました。今回のものはひとまわり大きくて、装飾も細かいですね。なにより、私がオリジナルで作った犬紋を彫ってくださって、感激しました。近日中にこちらで紹介させていただきますね(^^)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。