検索フォーム
プロフィール

しんゆう

Author:しんゆう
日本家紋研究会&家紋デザイン研究所に所属しています。
中学時代から家紋を愛しています。
京都に行くこと、小説家になることが夢です。

訪問者数
最新トラックバック
メールフォーム

家紋についてのご質問、オリジナル家紋・イラスト制作についてのご相談など、ご髄に。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

基本的にリンクフリーですが、できればひとことお声をかけてくださいね。 それと、過去の私のブログの内容には、思想的なことも含まれています。ですがそれは執筆当時の考えであって、今にも通ずるというものではありません。不快に思われても、どうか取り合わないでください。


--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月17日(火)

古都の魅力。

 先日、祖父の墓参りのついでに、鎌倉に行ってきました。
 菩提寺のある町と、鎌倉とは目と鼻の先なので、ちょっと電車代を出せばすぐに行けます。
 鎌倉はいうまでもなく“古都”です。
 歴史があり、文化の栄えた町をそう呼びます。私の住む神奈川では、鎌倉と、城下町として栄えた小田原が“古都”と呼べるでしょう。わがまち海老名も、相模国分寺を有する歴史の街ですが、“古都”と呼ばれるほどの発展は、残念ながらしてきませんでした。
 まあ、それはそれとして。
 そんな海老名ですが、鎌倉にも、実は海老名がありました
140604_120238.jpg
 鎌倉駅を出て南側にある御成通り商店街には、鎌倉武士たちの家紋旗があり、その中に郷土の武将である海老名季久(すえひさ)もありました。季久は頼朝に従い、海老名家の基礎を築いた人物です。家紋の『庵に二つ木瓜』は海老名家独占のもので、海老名人として、この旗を見て静かに感動したものです。
 
 私が鎌倉を歩いた日、私の妹は修学旅行で京都にいました。
 おみやげとして、写真をたくさん撮ってきてくれました。その中に、私好みの家紋写真も何枚かありました。
2014.6.5 002
『増山雁金』と思しき雁金紋。
2014.6.5 004
『太井桁』

 妹曰く、撮りきれなかったほどに家紋が街中にあったそうです。
 さすがは家紋発祥の地だなあと、私は京都への思いを膨らませました。
 家紋文化は、公家の牛車の文様が元だと云われています。つまり、京都は家紋の生まれた土地
 ゆえ、ということもあると思います。私は京都に、強いあこがれを持っています。

 修学旅行らしく、寺社も多くめぐったようで、大修理の終わった平等院には、おもわず感嘆の声を漏らしてしまいました。
2014.6.5 012
 建築当初に近い形を取り戻したとのことですが、美しいものです。
 そういえば、姫路のお城でも着々と工事が進んでいるようですが、綺麗になりすぎと批判の声もあるとか。
 でも、いずれはまた風合いのある色味を取り戻すのだし、文化財としての価値が下がったわけでもないのだから、別にいいような気もする。
 まあ、それもそれとして。

 妹が撮ってきた写真の数々を見ているうちに、京都への想いがいよいよ高まり、今年こそは上洛するつもりで、日々を生きています。そのための準備を、まだまだ先ではありますが、進めています。
 個人的にやることが多いため、ゆっくりとはやっていますが、もうすでに、どの場所をまわりどのように過ごすか、手元にある観光本や、果てはグーグルのストリートビューを駆使して、楽しみながら計画を練っています。
 
 古都は人を魅了するものです。そこには計り知れない歴史があり、魅力的な文化があるのですから、当然でしょうね。
 ことに、京都は我が国においてその筆頭に立つ場所でしょう。それに準ずるとまではいかないとしても、私でも気軽に行ける鎌倉もまた、じゅうぶん魅力的な古都でしょう。世界遺産にはなれずとも、この国の誇るべき土地であることは、これからもずっと変わらないでしょう。
 なにより、古都には家紋があります。鎌倉にも所々、マンホールにさえ紋があります(鎌倉市のシンボルマークは、源氏の代表紋とされている笹竜胆だから)。だから余計に、私は古都に魅了されます。
 思えば、家紋が広まるきっかけは中世武士たちの使用であり、その根源はまさに鎌倉武士たちなのです。
 私感ではありますが、鎌倉は家紋が広まった土地、京都は家紋が生まれた土地、でしょうかね。
 そんな京都に興味を持たない家紋好きは、地上にはいないでしょう。
 だから私は行きます。あこがれの京都に。その日が、とても楽しみです。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。